広島市安佐北区落合(高陽)、佐伯区藤垂園(五日市)、東広島市黒瀬、安芸郡熊野町で放課後等デイサービス、広島市安芸区矢野で高齢者デイサービスを運営する株式会社ベルアージュのホームページです。

発達支援の方針

放課後等デイサービス 発達支援の方針

ベルアージュの放課後等デイサービスでは、
地域の社会資源と連携し、利用者さんが地域社会の中で輝いて生きる支援を、
子どもたち本人のストレングスと社会参加に着目した個別支援計画を通して実現します。

心や体に障がいを持つ子どもたちに、日常生活訓練や社会性を身につけるプログラムを中心に、音楽や図工、体操を取り入れた療育を行っています。タッチコミュニケーションで心と体のリラクゼーションと心と心の結びつきを高めます。

ベルアージュの発達支援プログラム「mirai」


放課後等デイサービスで行わる活動には、基本的日常生活動作の訓練やSST(ソーシャルスキルトレーニング)などの活動プログラムをはじめ、保護者様や地域の専門機関、教育機関との連携、事業所の運営体制や緊急時対応、安全管理、スタッフ教育に至るまで多岐にわたります。私たちは、放課後等デイサービスで行われるこれらすべての活動は、お子様の発達支援のためのものであり、未来に向かってのお子様の夢や希望、自立した社会生活を目標とするものであることを理解しています。ですから、例えば送迎に関しても単なる輸送ではなく、お子様にとって大切な社会との関わりと考えて交通ルールや安全運転への協調性などについて支援しています。

お子様の発達を支援する個別支援計画が重要です

放課後等デイサービスで行わるすべての活動は、発達支援のために行われます。では、発達支援はどのように進められるのでしょうか。放課後等デイサービスの発達支援は、すべて個別支援計画に基づいて行われます。ですから、個別支援計画はお子様の発達にとって、とても大切なものです。放課後等デイサービスに常駐する児童発達支援管理責任者という発達支援の専門職が、お子様と保護者様を中心にお子様の発育状況、自己理解、心理的課題、お子様の興味関心事となっていること、養育環境、これまで受けてきた支援、現在関わっている機関に関すること、地域とのつながり、利用に当たっての希望、将来展望等について必要な情報をお聞かせいただき(アセスメント)、お子様と保護者様のニーズや課題を客観的に分析して個別支援計画を作成します。さらに、個別支援計画に沿って、お子様ひとりひとりの発達に必要なタイムテーブルと活動プログラムを組み合わせて立案し、ご提案させていただきます。
個別支援計画は、6か月に1回見直され(モニタリング)、個別支援計画を練り直すことでタイムテーブルや活動プログラムに修正を加えます。お子様の発達支援は、モニタリングと計画見直しを6か月ごとに繰り返して進んでいきます。

地域の専門機関、多職種専門員との連携

ベルアージュの放課後等デイサービスでは、次のような地域の専門機関や多職種専門員と連携してお子様の発達を支援します。

● 障害児相談支援事業者との連携
● 学校との連携
● 医療機関や専門機関との連携
● 保育所・児童発達支援事業所等との連携
● 他の放課後等デイサービス事業所等との連携
● 放課後児童クラブや自治会等との連携
● 地域自立支援協議会等との連携

見学・お試し体験や採用応募はこちらまで。 TEL 082-236-3373 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社ベルアージュ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.