放課後等デイサービス

個を共にみる未来支援

ベルアージュの発達支援は、発達の遅れや感覚の違い、偏りなどの特性により学校生活やお友達との関係に難しさを感じている子どもたちに、放課後等デイサービスという公的な福祉サービスを提供しています。

放課後等デイサービスでは、ソーシャルスキル(コミュニケーション)、運動などを用いた感覚統合や学習の支援を行なっており、発達障害と呼ばれる自閉スペクトラム症(ASD)やADHD(注意欠如・多動性障害)、学習障害(LD)などの診断を受けた子どもたちが多く通っています(医師の診断がなくても利用できます)。

ベルアージュの発達支援は、「個をみる発達支援」と「共にみる地域連携」を軸に、アセスメント、個別支援計画の作成、支援・療育プログラム、モニタリング(見直し)を行なっています。

子どもたちのありのままの個性や特性を伸ばしながら、社会や学校での生きづらさを考えます。そして、社会参加や就労に向けての支援を通じて、将来、(部分的に)自立して、一人ひとりが輝いて生きていけるよう支援します。